2021.10.15

花巻東、東日本国際大昌平と 秋季東北高校野球組み合わせ

 
 

 高校野球の第74回秋季東北地区大会(20日開幕、宮城県)の組み合わせが14日、決まった。県勢は2回戦から登場する第1代表の花巻東(6年連続21度目)が第2日の21日、石巻市民球場で東日本国際大昌平(しょうへい)(福島第2、2年連続5度目)と対戦する。

 同じく2回戦が初戦の第2代表・久慈東(初出場)は21日、仙台市民球場で能代松陽(しょうよう)(秋田第1、2年ぶり10度目)とぶつかる。第3代表の盛岡大付(4年連続21度目)は初日の20日、石巻市民球場で行われる1回戦で学法石川(福島第3、2年連続21度目)と当たる。

 東北大会は来春の選抜高校野球の出場校選考で重要な参考資料となる。優勝校は明治神宮大会(11月20日開幕、東京・神宮球場)に出場する。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため入場者数を制限。両球場とも上限3千人で実施する。

◇      ◇

 高校野球の試合結果は岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞