一戸町と県北広域振興局は、同町岩舘の御所野遺跡の世界文化遺産登録を記念して「御所野縄文ウイークス」を展開している。町内でのさまざまな催しを通して登録への感謝の気持ちを伝える。

 16日は御所野縄文公園で「おいでよ縄文の森」と題した公園内の自然を満喫できる親子・子ども向けのネーチャーゲームなどを開催する。

 17日午後7時からは同町西法寺の町総合運動公園より花火を打ち上げて世界遺産登録を改めて祝福。11月6、7の両日は、縄文時代も漆を使っていたことなどから「浄法寺漆×御所野縄文~縄文時代と現代をつなぐ漆~」と題したワークショップも開く。