2021.10.15

朗希6回無失点、3勝目 ロッテ「M9」51年ぶり点灯

6回無失点で3勝目を挙げたロッテ・佐々木朗=京セラドーム
6回無失点で3勝目を挙げたロッテ・佐々木朗=京セラドーム

 パ・リーグは14日、ロッテがオリックスとの今季最終戦に6-1で勝ち、16年ぶりの優勝へのマジックナンバー「9」が点灯した。ロッテに優勝マジックが点灯するのは1973~82年の前後期制だった時期を除くと51年ぶり。

 ロッテは2位だが残り10試合のうち9勝すれば、首位オリックスが残り7試合に全勝しても勝率で上回ることができる。ロッテは2005年にリーグ優勝した時は、レギュラーシーズン2位からプレーオフを勝ち上がった。1974年の優勝も前後期制でプレーオフを制したもので、シーズン1位で優勝を果たせば70年以来となる。

 ロッテの佐々木朗希(大船渡高)が、チームに前後期制を除くと実に51年ぶりとなる優勝へのマジックナンバーを点灯させた。高校出2年目の宮城との同期対決。6回を投げて8三振を奪うなど無失点で8月28日以来の3勝目を挙げた。首位オリックスに0・5ゲーム差に迫り「自分の力というよりも、野手の方に感謝したい」と謙虚に喜んだ。

◇      ◇

 記事全文は、10月15日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞