日一日、深まる秋。12日の県内は前線や湿った空気の影響で曇りや晴れとなった。八幡平市下モ川原の田山小(外舘邦博校長、児童23人)の1~4年生は近くの農園でサツマイモと大豆を収穫し、秋の味覚に歓声を上げた。

 田山、舘市の両コミュニティーセンターの職員ら7人が指導。1、2年生10人は6月に自分たちで植えたサツマイモを引っこ抜いた。

 最高気温は八幡平・荒屋17・2度(平年比0・2度低)、盛岡19・3度(同0・6度高)、宮古17・9度(同1・6度低)、大船渡15・9度(同3・9度低)など。