陸前高田市の企画会社陸前高田企画(村上清代表取締役)は10日まで1泊2日の日程で、同市内で船上体験などを含む高付加価値型旅行プランのモニターツアーを行った。

 県内外から14人が参加。10日はカキの養殖いかだにコンクリートパネルを張った海上特設レストランでの昼食を体験した。広田湾の海産物を使った鍋や市ブランド米「たかたのゆめ」のおにぎりを楽しんだ。

 プランの企画は観光庁の受託事業。参加者の意見を基に価格などを設定し、年内の旅行商品化を目指す。