2021.10.11

きょうプロ野球ドラフト会議 本県関係は5人

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が11日午後5時から東京都内のホテルで開かれる。

 本県関係選手は高校、大学の5人がプロ野球志望届を提出している。

 大学生は富士大の2選手に注目。長打力と勝負強さが光る山城響内野手(4年、沖縄・知念)、強肩強打の佐藤大雅捕手(同、北海道・北海)はプロへの道が開けるか。仙台六大学の東北福祉大はともに盛岡大付高出身で4年の三浦瑞樹投手、大里昂生内野手が指名を待つ。

 高校生は黒沢尻工の藤沢主樹投手(3年)のみ。190センチ、86キロの恵まれた体から投げ下ろす直球に威力がある。

◇      ◇

 記事全文は、10月10日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞