2021.01.08

盛岡、北上、一関で5人感染確認 新型コロナ、1人が死亡

 岩手県と盛岡市は8日、3市で10歳未満から60代の男女5人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内の感染確認は計410人となった。

 北上市の40代会社員女性と10歳未満の男児は、年末の会食に参加した感染患者の同居家族。同市の40代無職女性は、親族の県外患者と接触歴があった。

 盛岡市の40代会社員男性、一関市の60代会社員男性は感染患者との接触は確認されていない。

 このほか基礎疾患があり、入院していた65歳以上の1人が死亡。県内の死者は計25人となった。

◇      ◇

 詳報は、9日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク