盛岡市盛岡駅西通のアイーナは6日、入館者2千万人を突破した。2006年のオープン以来、行政施設や県立図書館などの公共施設、NPO法人の活動を支える複合施設として親しまれている。20年度は新型コロナウイルス対策による利用制限もあったが、関係者らは大台達成を喜んだ。

 2千万人目は、滝沢市鵜飼から訪れた鵜飼小2年の沢村夏虹(なな)さんと祖母恵利子さん(58)。県の藤沢敦子企画理事兼環境生活部長が、洋野町の特産大野木工のおわんの記念品を手渡し「これからも県民ニーズをくみ取り愛される施設にしたい」とあいさつした。