2021.01.06

「うし年」仕上がり上々 奥州・ふるさと農協、東京へ肉用出荷

東京食肉市場に向け、トラックに積み込まれる牛
東京食肉市場に向け、トラックに積み込まれる牛

 奥州市の岩手ふるさと農協(後藤元夫会長)は4日、同市前沢白山の前沢肉牛出荷場で今年初となる肉牛を出荷した。ブランド牛・前沢牛も新型コロナウイルス感染症による外食需要落ち込みなどの影響を受けるが、生産者たちは「うし年」の確実な前進を祈念した。

 地域内の11戸が黒毛和牛12頭を出品した。内訳は去勢11頭、雌1頭。安全祈願祭後、牛たちはトラックで東京食肉市場に向かった。7日の競りにかけられる。