釜石市片岸町 漁業 藤原 勇二さん(77)

 20代で立ち上げた電子機器の会社を10年以上前に畳み、今は漁師をしている。ナマコやアナゴ、カレイなどを取っており、体が動くうちは細く長く続けるつもりだ。東日本大震災後は水温の上昇など環境の変化が激しく、漁獲量も左右されているが、昨年12月のナマコ漁は好調だった。新たな年を迎え、収穫が少しでも多い一年であることを願う。