大船渡市は、東日本大震災の被災者を対象とした住宅再建支援制度の申請受付期限を2022年3月末まで1年延長する。市は早期の申請、相談を呼び掛けている。

 市は被災者を対象に定期的な住宅再建意向調査を実施。自宅の建設や購入を希望する世帯が一定程度あり、補助金活用が見込まれることから延長を決めた。市内に住宅を建設、購入する場合の経費を助成する被災者住宅再建支援事業補助金などが対象。

 市は18年、19年3月末が交付期限だった各種住宅再建支援制度を2年間延長していた。延長は今回が最後となる。