一関市大手町の京屋染物店(蜂谷悠介代表)は、社員の幸せや働きがいを大切にし、社会貢献に努める企業を表彰する第7回ホワイト企業大賞(同大賞企画委員会主催)で、最高賞の大賞に輝いた。

 社員一人一人が仕事を「自分ごと」と捉え、自発的に取り組む環境づくりが評価された。蜂谷代表(43)は「さらに社員が自己実現できる舞台をつくっていきたい」と決意を新たにする。

 同大賞は2014年度スタート。20年度は全国の約30社が応募し、同社を含む3社が大賞に選ばれた。