県内は冬型の気圧配置が緩まず、降雪や低温が続いている。盛岡地方気象台によると大雪はピークを越え、4日には天候が回復するが、5日には再び雪が降る見込み。3、4日の予想最低気温は全域で平年よりかなり低く、水道管や路面の凍結に注意が必要だ。

 2日午後7時までの72時間降雪量の最大値は西和賀・湯田97センチ、一関35センチ、北上34センチ、宮古17センチ、盛岡14センチなど。同日は日中も気温が上がらず、36観測地点中32地点で真冬日だった。