【シアトル共同】米大リーグ、マリナーズのウッドワース投手コーチが28日、オンライン取材に応じ、3年目を迎える菊池雄星投手(花巻東高)について「(オープン戦など)実戦で自信をつけること」を課題に挙げた。

 同コーチは「十分にトレーニングを積み、昨年は(1年目と)全く違う投手に成長した。四つの球種の質がいずれも向上した」と投球を高く評価。真価が問われる今季に向け「素晴らしい武器がある。それらをどう使うかだ」と期待を寄せた。