県内は29日から30日にかけて暴風雪や大雪となる恐れがあり、盛岡地方気象台は、県気象情報を発表し交通障害や雪崩などへの注意を呼び掛けている。JR花輪線は両日、一部列車を計画運休する。

 同気象台によると、29日に低気圧が発達しながら北日本へ進む。30日にかけて東北地方の上空約5千メートルに氷点下36度以下の強い寒気が入り、強い冬型の気圧配置となる見込み。

 JR盛岡支社は、29日夜~30日昼ごろにかけて花輪線の一部列車を運休する。29日は計4本を運休、区間運休。30日は計7本を運休、区間運休する。