県教委は2022年度、幼稚園や保育園などの学びの質を高めるため、幼児教育センター(仮称)を新設する。現在は複数部局にまたがる研修などの業務を一元化し、現場スタッフの専門指導者を養成。各園まちまちの教育内容に一定の統一感も醸成し、小学校教育への円滑な移行を図る。

 同センターは、幼稚園教諭や保育士らの研修を手掛ける。専門の幼児教育アドバイザーの養成や現場派遣を行い、幼児を預かるために園外研修への参加が難しかった職員向けには園内研修を実施する。