2021年度の県内公立高推薦入試は27日、各校で行われ、受験生が面接や作文の試験に臨んだ。

 盛岡市羽場の盛岡工高(南舘秀昭校長、生徒771人)は機械科、電気科など7学科計28人の定員に対し、29人が受験した。新型コロナウイルス感染症対策のため消毒やマスクの着用を徹底。受験生は午前9時から当日の体調確認や試験の注意事項の説明を受け、作文と面接に挑んだ。

 県立校の推薦入試は志願者なしの11校を除く51校91学科で実施。募集人員1084人に対し、志願者は886人で志願倍率は0・82倍(前年度0・86倍)。合格通知は2月3日までに送付される。