県交通(本田一彦会長)は、スマートフォンで路線バスの位置やバス停到着までの時間などを検索できる新たなサービスの普及を図っている。盛岡滝沢エリアの特に若い世代が多く利用する路線を起点に展開しており、3月末には盛岡市中心部と滝沢市役所方面を結ぶ路線にも導入する見通しだ。

 サイトのアクセス数は着実に増えており、同社は利便性向上や乗客増を視野に、県内の幅広いエリアでのサービス拡大を目指す。

 同サービスは、システム開発などを行う東京都のアーティサン(小山才喜社長)のバス位置確認システム「バス予報」を利用。「バス予報」は、県交通のホームページなどからアクセスできる。