若者の地元就業を後押しするため、県北広域振興局(高橋進局長)は22日、Uターン経験者が経営する久慈市二十八日町の「NANAMARUNI COFFEE(ナナマルニ コーヒー)」で、久慈地区の高校生を招いたトークセッションを開いた。

 高校卒業後に進学・就職で県北地域を離れる若者は例年8割超に上る。活躍の場を古里に定めた先輩の職場で、進路選択の意識を高めた。