平泉町の毛越寺(藤里明久貫主)は20日、伝統の二十日夜祭を行った。新型コロナウイルス感染症防止のため例年より規模を縮小したが、法要などで無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を願った。

 屋外に向けて開かれた常行堂で、藤里貫主が「皆さまのご多幸とご健勝を心よりお祈りする」とあいさつ。一山の僧侶らが法要「常行三昧供(じょうぎょうざんまいく)」を営み、堂外には地域住民らが集まった。

 二十日夜祭は、常行堂に祭られる作物の神摩多羅神(またらじん)の祭礼。JR平泉駅前から常行堂までを練り歩く献膳行列や蘇民袋の奪い合いは取りやめたが、午後8時からは国指定重要無形民俗文化財「延年舞」も奉納された。