平泉町内の70代男性が海外の宝くじに当選したと偽メールを受け取り、現金約100万円をだまし取られる特殊詐欺被害が発生したとして、一関署が注意を呼び掛けている。

 同署によると、昨年7月14日、男性の携帯電話に「おめでとうございます。当選はコチラ」などと書かれたショートメールが届いた。

 男性が記載のアドレスに接続すると、海外の宝くじ2億5800万円が当選したと通知。当選金の受け取り手続きとして住所や氏名などを入力したが、エラー表示が出て手続きできず、その後「お金をサイト指定の口座に支払わなければ当選金を受け取る手続きが進められない」とのメッセージを受信した。

 内容を信じた男性は指定口座に昨年10月12日までの間に数回にわたって約100万円を入金したが、アドレスに接続してもエラー表示が続いて当選金の受け取りができなかったため、警察に相談した。