釜石海上保安部(松吉慎一郎部長)の巡視船きたかみの乗組員、坂本百合奈(ゆりな)さん(24)は19日、大槌町で行われた制圧術訓練に参加した。坂本さんは昨年11月、女性として東北で初めて犯罪者に対応する技能向上を図る「制圧指導官」に任命されたばかり。女性保安官が増える中、指導者として今後の活躍が期待される。

 制圧指導官は逮捕術や警棒、拳銃の技能などを磨き、海上保安庁の検定で中級以上の資格を得ることが必要。熊本県菊池市出身の坂本さんは高校時代にテコンドーの西日本チャンピオンに輝いた経験を生かし、2019年に中級を取得、昨年11月5日付で指導官となった。