大船渡市立根町の大船渡東高(鈴木博校長、生徒320人)の食物文化科2年生21人は18日、同校で洋菓子講習会を開き、地元のシェフの手ほどきを受けながら調理技術や職業観を学んだ。

 同市赤崎町の洋菓子店ロレーヌの佐藤充弘シェフ(53)が講師を務め、シュークリームとクレームブリュレに挑戦。材料を混ぜるときに小分けにして入れること、生地を焼くときに大きさを統一することなどのポイントを教わり、生徒らは真剣な表情で取り組んだ。