一戸町の地域おこし協力隊の男性3人は、チーム「イチノヘGIANTS(ジャイアンツ)」を結成し、縄文時代の鼻曲(はなまが)り土面をモチーフにしたグッズを製作した。町内の御所野遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、2021年の世界文化遺産登録を目指す。新年も身長の高さにちなんだチーム名の通り、スケールの大きな活動で町に新風を吹き込む。

 グッズは希望者に販売する。布マスク600円、帽子2500円、ダウンベスト2800円、フリース3千円。問い合わせは4日以降に町まちづくり課・高橋直樹さん(0195・33・2111)へ。