県内は18日午後から内陸を中心に大雪となり、19日は暴風雪への警戒が必要だ。盛岡地方気象台によると、低気圧や冬型の気圧配置の影響で荒れる見込み。JR盛岡支社は19日の在来線に運休や遅れが生じる可能性があるとして、最新の気象情報や運行状況の確認を呼び掛けている。

 同気象台によると、18日は低気圧や強い寒気の影響で、昼すぎから雪の所が多い見込み。19日午前0時までの予想24時間降雪量は、内陸の多い所で山沿い30センチ、平野部20センチ程度。