大学入試センター試験の後継となる初の大学入学共通テストは17日、2日間の第1日程を終えた。県内7会場では大きな混乱なく進んだ。受験生からは思考力を重視する問題や文章量の多さに「難しかった」との声も。新テスト対策に加え、新型コロナウイルス感染症の予防に神経を使ってきた受験生は安堵(あんど)の表情を浮かべつつ、次の関門に気持ちを切り替えた。

 高校の長期休校で学習遅れが認められた現役生や、第1日程を受けられなかった受験生対象の第2日程は30、31日に実施。第2日程の志願者が受験できなかった場合の特例追試験は2月13、14日に行われる。