奥州市水沢真城の岩手ふるさと農協産直来夢(らいむ)くん(千田亮店長)のイチゴ農園が16日、今季の営業を始めた。オープン記念として地元の園児を招き、子どもたちは真っ赤に実ったイチゴの収穫を楽しんだ。

 東水沢保育園(熊坂悦子園長、園児116人)の年長児約20人が参加。ビニールハウス内で大きく育ったイチゴを選んで摘み、味わった。千田ゆずちゃん(6)は「大きいイチゴがいっぱい。とても甘くておいしかった」と目を輝かせた。

 開園日は水、土、日曜と祝日で完全予約制。問い合わせは同産直(0197・26・4141)へ。