盛岡市は今年、業務効率化や市民サービス向上などを視野にデジタル基盤整備に力を入れる。庁内業務のデジタル化のための調査を専門業者に依頼。情報部門の組織体制の強化、窓口手数料のキャッシュレス化なども図る。最先端技術を活用した都市づくりを掲げる政府の「スーパーシティ構想」関連の国家戦略特区指定を目指す。

 市情報企画課は21年度、2班体制に強化する計画。これまでは庁内のシステム管理などが主な業務だったが、専門的にデジタル化を進める「情報推進グループ(仮称)」を新設。現状の業務は「情報システムグループ(仮称)」を設けて引き継ぐ。