野田村むらづくり運動推進協議会(大沢伸子会長)は15日、同村野田の村民広場で小正月行事を行った。正月飾りに火を付けるどんと焼きで無病息災を祈念し、村内各地区から集まった舞い手は五穀豊穣(ほうじょう)を願い大黒舞を披露した。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、規模を縮小して開催。村民が持ち寄ったしめ縄などの正月飾りに火を付け、大黒舞の舞い手が金色の扇子と小づちを振った。

 会場には昔遊びを体験できるスペースも設けられ、子どもたちは羽子板や竹馬、たこ揚げを楽しんだ。