県は14日、緊急事態宣言が発令された南関東4都県のほか、追加された7府県との不要不急の往来について、県民に自粛を要請した。それ以外で、感染が拡大している宮城や福島を含む18道県との往来は慎重に判断するよう求める。

 県境をまたぐ移動制限は計29都道府県に広がった。11都府県との往来自粛要請は宣言期間と同じ来月7日まで。

 往来に慎重な判断を求める18道県は直近1週間(7~13日)の新規患者(対人口10万人)が15人以上の地域、または自治体独自で外出自粛要請などを出している地域。