2021.01.15

厳寒耐え 青く甘く 八幡平市で寒締めホウレンソウ収穫

青々と育った寒締めホウレンソウを収穫する高橋留美子さん(左)=14日、八幡平市平笠
青々と育った寒締めホウレンソウを収穫する高橋留美子さん(左)=14日、八幡平市平笠

 14日の県内は冬型の気圧配置の影響で晴れや曇りとなった。八幡平市平笠の農業高橋秀美さん(58)は、雪景色に立つビニールハウス内で寒締めホウレンソウの収穫に励んでいる。

 冬の寒さで糖度が上がり、夏に比べて葉が肉厚になる。ここ数日は厳しく冷え込み、ホウレンソウは甘みが増した。寒さが緩んだ同日は手作業で丁寧に収穫した。

 「寒締め」は目に良いとされるルテインが豊富。同市産は久慈地域に続いて昨年9月、消費者庁の機能性表示食品に登録された。

 盛岡地方気象台によると、15日の県内は高気圧に覆われて晴れる見込み。