2021.01.14

復興へ 春待つ翼 陸前高田・一本松とハクチョウ

奇跡の一本松を背景に、大きく羽を広げるハクチョウ=13日、陸前高田市気仙町
奇跡の一本松を背景に、大きく羽を広げるハクチョウ=13日、陸前高田市気仙町

 13日の県内は低気圧や湿った空気の影響で曇りや晴れとなった。東日本大震災からの復興が進む陸前高田市気仙町では、越冬のため飛来した約200羽のハクチョウが羽を休めている。

 奇跡の一本松を望む気仙川沿いで、時折大きく羽を広げて「コォー」と甲高い鳴き声を響かせた。同市気仙町の佐藤章さん(79)は「震災前より多い。今後もたくさん飛来し、地域の話題となってほしい」と優しく見守った。

 盛岡地方気象台によると、14日の県内は寒冷前線の影響で雪や雨が降る見込み。

関連リンク