新型コロナウイルス感染症の拡大で交流の機会が激減する中、盛岡国際交流協会(鎌田英樹理事長)は15日から「オンライン料理講座」の配信を始める。盛岡市在住の外国出身者が母国の料理の調理法を紹介する動画を公開。これまで対面で開いてきた異文化理解講座に代わる新しい様式で、交流と相互理解の深まりへアプローチを続ける。

 動画の第1弾はタイ料理。動画は15日から、同協会の公式インスタグラムとフェイスブックで公開する。22日にはベトナム料理、29日にはモンゴル料理の紹介動画も配信する。