太平洋と日本海の幸による強力タッグが実現した。宮古市藤原の水産加工業丸徳(徳江邦子社長)は、三陸産スケトウダラと、秋田県漁協(秋田市、加賀谷弘組合長)が提供する秋田産ハタハタで新商品「海恋コロッケ」を開発。魚をすり身にし、コロッケ風の揚げかまぼこに仕上げた。両者は“味の横軸連携”の発展を期待している。

 宮古市の同社工場で、すぐに食べられる揚げたて(1個150円)と冷凍(2個入り300円)を直売する。水、日曜定休。秋田県では産直施設や道の駅を中心に取り扱っている。