盛岡市は新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため、月内にも専門部署を設置する。接種券(クーポン)の配布や市民からの問い合わせなど一元的に担い、県内最多の高齢者8万人を含めた円滑な接種推進を図る。

 専門部署はワクチン接種の周知やクーポンの配布、医療機関との交渉や問い合わせ対応など一連の業務を手掛ける。態勢は職員十数人を想定し、繁忙期は各部署からの応援で補強する。判断を迅速化するため、トップには部長級を配置する。

 接種は医療従事者から2月中に始め、65歳以上の高齢者は3月中から、その後に一般市民を見込む。