2021.01.12

いてつく冬 清めの水 岩泉・小川地区、無病息災を祈願

小本川の水をかぶり、無病息災を祈願した参加者
小本川の水をかぶり、無病息災を祈願した参加者

 小川みずまつり(実行委主催)は10日、岩泉町の小川地区で開かれた。地元出身の男性7人が厳寒期の川の水で身を清め、無病息災を祈願した。

 厄年の人や志願者が参加。同町門の隠里(かくれざと)弁財天を参拝した後、白い息を吐きながら地区中心部を走った。その後に住民が見守る中、小本川に入り水をかぶって身を清めた。

 10日の同町岩泉は真冬日の厳しい環境。父翔さん(29)と参加した四垂(しだれ)琉晴君(小川小3年)は「爪先の感覚がなかった。次は友達と参加したい」と寒さをこらえていた。