盛岡市と岩泉町で11日、住家が全焼する火災が相次いだ。西和賀町では前日の住家火災後の捜索を行い、それぞれ焼け跡から1人の遺体が発見された。

 11日午前6時50分ごろ、盛岡市東仙北の男性(79)方から火が出ている-と近隣住民から119番通報があった。木造2階建て住家約106平方メートルを全焼し、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。男性と連絡が取れておらず、盛岡東署が12日以降司法解剖を行い、身元の特定を急ぐ。

 11日午前3時35分ごろ、岩泉町門字町の無職の男性(69)方が燃えている-と近くの住民から119番通報があった。木造2階建て住家や物置など約190平方メートルを全焼。焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。

 岩泉署によると、男性は妻と息子の3人暮らし。男性が出火に先に気付き、寝ていた家族に声を掛けて避難した。妻と連絡が取れておらず、矢巾町の岩手医大で司法解剖を行い、身元確認を急ぐ。出火原因は調査中。