米大リーグ、エンゼルス戦で長年、実況を務めたアナウンサーのビクター・ロハスさん(52)が10日までにツイッターで引退を表明した。大谷翔平(花巻東高)が本塁打を放った際の「ビッグフライ、オオタニサン」のフレーズで、日本のファンにも親しまれていた。

 父はエンゼルス元監督で、自身もエンゼルス傘下のマイナーで投手だった。昨秋にはエンゼルスのゼネラルマネジャーに応募もしていた。「もっと家族との時間を過ごすために放送席から去るときが来た」と記し、今後はアパレル業に力を入れていくという。

(ロサンゼルス共同)