花巻市大通りのなはんプラザで、屋外のガラスの夜間ライトアップが行われている。東京五輪・パラリンピックに関する同市の「復興ありがとうホストタウン」事業の一環。相手国のほか医療従事者をイメージした色彩を照らして感謝の気持ちを伝えている。17日まで。

 縦約10メートル、横約13・5メートルのガラス面に3台の投光器で照射。医療従事者への感謝と応援は青色で表現。ライトアップ初日の8日は光が地面を覆った雪解け水に鏡のように反射し、訪れた市民は幻想的な光景に見入った。

 午後4時半~同9時。ツイッターの投稿と連動して色が切り替わる企画などもある。詳しくは市ホームページで確認できる。