一関市赤荻で自動車向けプラスチック部品を組み立て製造する那須野製作所(那須野俊章社長、従業員28人)は、奥州市水沢に完全閉鎖型の「植物工場」を整備し、野菜の本格生産に乗り出す。試行的に取り組んできたフリルレタス中心の野菜栽培が軌道に乗ったことから生産拡大を図る。5月ごろの稼働を予定し、県南エリアを中心に販路開拓を目指す。