宮古市の宮古観光文化交流協会(会長・桐田教男副市長)は、新成人を含む同市出身の学生の宿泊費を半額(最大3千円)割り引く「学生・成人式参加者ふるさと帰省プラン」を実施している。

 市内のホテルや旅館など23施設が対象。予約時にプランの利用を希望し、宿泊時に身分証を提示する。

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業支援事業として6月から展開する「みやこ宿泊割」の特別企画で、対象者を全国の宮古市出身の学生と10日に行われる成人式の出席者に拡大した。