県内の12月の新型コロナウイルス感染は191人で、1カ月当たり最多となった。累計は385人に上った。雫石町の病院や一関市のスナックでクラスター(感染者集団)が発生。死者は11月末時点の8倍、24人となった。

 雫石町の鶯宿温泉病院で12月中旬、クラスターが起き、関連の感染は31日までで計110人。入院患者49人のほか応援含め職員40人以上が感染した。系列病院や県立病院などからスタッフが応援入り。厚労省対策班の調べで、11月下旬に複数の入院患者に発熱が見られたが、検査に至らなかったことも分かった。