新型コロナウイルス感染症の影響による物産展中止で売り上げが減った県産品の消費拡大を図ろうと、県は9日、オンライン購入できる専用ウェブサイトを開設する。

 「買うなら岩手のもの」バーチャル物産展の一環で、県のネットでの物産展は初めて。3割引きで販売し、事業者の不振からの巻き返しを支える。

 県産品販売の岩手県産(矢巾町、岩間隆社長)がサイトを運営し、食品や工芸品、農林水産物などを扱う県内の98社(9日時点、募集は継続中)が255品を出品。販売目標額は2億円で来年1月29日まで行われる予定。3割引き分は県が予算措置する。

 同サイトへのアクセスはhttps://iwks-netshop.com/