JR盛岡支社は今月中旬から、宮古市内にある山田線の茂市、区界、川内の3駅の駅舎を建て替える。新駅舎はいずれも本年度中の使用開始を目指す。

 3駅は無人駅。今回が初の建て替えで、開業から80年以上たち老朽化していることから、乗客に快適に利用してもらうため決定した。