2020.09.09

野菜収穫 車いすでも 盛岡の高齢者施設、農園に芝生通路設置

芝生の通路が設置された農園で、車いすに乗りながら野菜の収穫を楽しむ斉藤栄子さん(中央)と藤嶋祐二郎副代表(左)ら
芝生の通路が設置された農園で、車いすに乗りながら野菜の収穫を楽しむ斉藤栄子さん(中央)と藤嶋祐二郎副代表(左)ら

 盛岡市桜台の高齢者施設やまぼうし桜台(藤嶋昌郎代表理事)は、施設近くに所有する農園内に、車いすでも通れる芝生の通路を設置している。

 足の不自由な利用者にさまざまな野菜と親しみ、収穫の喜びを感じてもらうのが狙い。利用者の間に生き生きした表情が広がるなど、心の癒やしにつながっている。

 芝生の通路は、農園内の一角に4月に設置した。長さ5・5メートル、幅1・5メートル。