花巻市は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者を応援しようと、8~9月に実施しているスマートフォン決済サービス「ペイペイ」のキャンペーン利用状況をまとめた。支払額の最大20%のポイントを還元する事業で、8月の決済合計は1億1380万円に上った。

 市は市内外から購買意欲を喚起し新規顧客獲得にもつながり、経営を下支えしたと分析している。

 市によると、決済金額は業種別では飲食関係(飲食店、喫茶店、居酒屋など)がトップの3391万円で全体の約3割を占めた。