第73回秋季高校野球東北地区県大会の地区予選は7日、4地区で9試合が行われ、盛岡三、盛岡商、一関一、大東、福岡、久慈東の6校が県大会出場を決めた。

 盛岡一が夏準優勝の盛岡大付に、夏優勝の一関学院は一関修紅にそれぞれ競り勝ち地区第1代表を勝ち取った。接戦を制した大船渡は代表決定戦に進んだ。

 最終日の8日は2地区で4試合が行われ、県大会出場29チームが出そろう。