紫波町は5日、町役場旧庁舎とのお別れイベント「さようなら旧庁舎」を開いた。解体前最後の姿を見ようと多くの地域住民が訪れ、にぎわった。

 同町日詰の旧庁舎内では一般公開が行われ、建設の様子やかつての執務風景を収めた写真約15枚も展示して53年間の歩みを紹介した。庁舎の外には出店が並び、町産ブドウを使ったワインなどの販売も行った。

 旧庁舎は7日から解体工事に着手。跡地にはシードル醸造所やコンビニなどが入る温浴施設「ひづめゆ」を整備する。