紅葉はまだまだ先

報告:岩手日報社 編集局  八重樫卓也

 霧の中、午前10時前に網張側から登山を開始。昼頃に天候回復との予報に期待しつつ、山頂を目指しました。ゆっくりペースで、正午前には三ツ石山荘に到着。小休止後、いよいよ頂へ。

 天候は期待に反して、シャワーのような霧雨が終始降り続けていました。癒やしとなったのは、今が盛りのリンドウや、白く可憐なウメバチソウが見頃だったこと。山頂まで登山道沿いに咲いていました。

 山頂では霧雨と強風に見舞われ、眺望を楽しむことは叶いませんでした。本県を代表する紅葉スポットとしても知られる三ツ石山ですが、見頃はまだまだ先のようです。お楽しみは次回に持ち越しです。