2020.09.06

持ち味の攻撃力存分 奥州で小学生3x3県大会

男子決勝 カトリオーズ-まえさわおバカ三銃士 ゴール下で競り合うカトリオーズの藤井煌馬(右から2人目)=奥州市総合体育館
男子決勝 カトリオーズ-まえさわおバカ三銃士 ゴール下で競り合うカトリオーズの藤井煌馬(右から2人目)=奥州市総合体育館

 3人制ハーフコートバスケットボールの第7回小学生3x3(スリー・エックス・スリー)選手権県大会は5日、奥州市総合体育館で行われ、出場45チームの男子はカトリオーズ(花巻・南城)、同44チームの女子はJORDAN4(北上・二子)がともに初優勝を果たした。

 決勝でカトリオーズはまえさわおバカ三銃士(奥州・前沢)を12-5で下し、JORDAN4は岩谷堂ランフラワーズ(奥州・岩谷堂)に11-10で競り勝った。

 県内10地区で開催された今大会の予選会には過去最多の280チームが出場。新型コロナウイルス感染症の防止対策で拍手のみの静かな応援となったが、選手たちは白熱した試合を繰り広げた。

◇    ◇

 記事の続きは岩手日報本紙、電子新聞でご覧ください。

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞 

◇    ◇

岩手日報Webアルバム」で、紙面に掲載されなかった写真を順次公開します。

関連リンク